手軽に始められるフリマサイト「メルカリ」安く買う方法があったら実践したいと思いませんか?大口出品者目線から、出品者心理を利用して安く買う方法の解説をしていきます。

メルカリ安く買う方法
悩むサラリーマン

値引き交渉やオファーを使うと安くしてくれる出品者がほとんどだね!

悩み解決OK

大半の出品者が値引き交渉に応じてくれるから値引き交渉やオファーは活用した方がいいね!

悩み解決OK

値引き交渉術や他にも安く買うための方法を紹介していくね!

メルカリで安く買う方法

メルカリ安く買う

オファーや値引き交渉を嫌という出品者もいますがほとんどの出品者が容認してくているのが現状です。

この5つのポイントを抑えておけば安く購入することが可能です!

  • 値引き交渉
  • オファー
  • 購入するタイミング
  • まとめ買い
  • ラクマで探す

出品者の心理を上手に利用して安く購入する方法を知っておきましょう!

値引き交渉

悩むサラリーマン

出品者が気を悪くしたらどうしよう。

値引きNGという出品者がいるのも事実です。

値引きがホントに嫌な出品者は商品紹介欄などに「値引きはNGです。」と書いてあったり、プロフィール欄で「値引きは不可です。」と記載されています。

こういった記載がなければ大抵は応じてくれるので値引き交渉をするべきでしょう。

出品者も値引きされること前提で値段をつけていますし、何より在庫を持っていたくないというのがありますから、「売れるなら売ってしまいたい」と思っています。

筆者の体験からは1割から2割の値引きであれほぼ受け入れてもらえます。

半値で交渉してくる購入者もたまーにいますが、ちょっと非常識と思われてしまうかもしれませんね。攻めても3割くらいかな。というのが筆者の感覚です。

重要なのは値引き交渉の際の配慮 です!

値引き交渉のコメント時にはいくつか注意して値引き交渉をしましょう。

  1. 購入意思をみせる、商品を気に入っていることをアピールする
  2. 値引き後即購入することを伝える

購入後も取引終了までお付き合いがあるので良い人間関係を構築するのがポイント!

出品者に配慮したコメントを心掛けましょう!

オファー

最近できたオファー制度!

既存のユーザーでもご存じない方がいるんじゃないでしょうか?

コメント欄で値引き交渉する必要がなくなる とっても優れもの!

やり方は簡単です。

購入ボタンの横にあるオファーボタンを押して希望の金額を入力するだけ。

メルカリオファー

オファーが成立すると購入者となります。

出品者から断られた場合はオファー不成立の通知が来ます。

先月私が出品した商品で、オファーがありました。

あまりに安いオファーだったので、一度断りましたが、その後も1000円刻みでオファーされて、値引きをしたことがありました。

こういったツワモノもいますが、筆者としても、欲しいと思ってもらえることも嬉しいですし、取引成立後の対応も早い方で、嫌な思いはしませんでした。

値引き交渉と同じで、出品者への配慮は忘れないでおきましょう!

購入するタイミング

物の売れやすい時期を知ることによって安いタイミング購入することができます。

出品者は在庫を抱えたくないという心理を常に持っています。

売れにくい時期に価格交渉をされると普段より安くても手放してしまおうと思うものです。

自分が購入者の立場でどんな時に購入しやすいと思いますか?
または購入したいと思いますか?

  • 給料日後
  • ボーナス期
  • すぐに使えるもの

何かものを買うとき、もちろんお金のある時に買います。給料日後やボーナス期が売れやすい時期となります。

すぐに使えるものは、季節ものです。

冬に使うダウンジャケットを春に購入しますか?

冬モノは冬か秋に購入する人がほとんどです。

ということはこの売れやすいこれらの時期ではなく、売れにくい時期に購入すれば安く買うことができるのです!

給料日後やボーナス期以外、冬物を夏に購入するなど、季節のトレンドをずらすことで安く買うことができます。

また値引き交渉やオファーも成立しやすくなります。

在庫を抱えたくない出品者の心理をついて上手に交渉していきましょう。

まとめ買い

同じような商品をいくつか出品している出品者がいます。

この場合はまとめ買いがかなり有効的です。

出品者はそれぞれにかかるはずだった送料を一つで済ますことができます。

「まとめ買いするので値引きしてください。」はかなり強気に価格交渉しても成立する可能性が高いです。

ラクマで探す

ちょっとした裏技です!

筆者もそうですが、メルカリと同時にラクマにも出品している方がいます。

メルカリよりラクマのが販売手数料が安いのでその分値引きしてもらうことができます。

メルカリで欲しい商品が決まったら、ラクマでも検索してみます。

大抵の場合はメルカリもラクマの同じ写真を使うので、検索結果に同じ写真があったら価格交渉してみましょう。

メルカリとラクマの販売手数料は約6%差があるので、その分の含めて交渉すると安く買えます。

出品者はメルカリで10000円の商品を売って販売手数料を引かれると9000円の利益です。それをラクマで売ることができれば9615円の利益になります。

この差額の615円分を値引きしてもらおうということです。

私が出品者であればこの交渉は100%オッケーです!

だった出品者にしてみれば取り分は変わりませんからね!

この方法はかなりおすすめですから試してみてくださいね!

メルカリ攻略まとめ

メルカリ攻略

5つのメルカリで安く買うための方法を紹介してきました!

全ての方法に共通して言えることは、出品者に配慮した交渉が必要ということです。

フリマサイトを通しての交流ですが、「この人いい人だな。」とか「この人になら安く売ってもいいかな。」くらいに思ってもらえるようにすると、安く買えますし、トラブルの防止にもなります。

私も数多く値引きには答えてきましたが、値引き交渉をしてくる購入者のが気持ちの良い取引をしてくれる傾向にあります。

値引後、契約が成立した直後に「お値引きありがとうございます。取引終了までよろしくお願いします。」と取引連絡をくれるなど、出品者への配慮がある方が多いです。

出品者心理を良く知りメルカリで安く購入する方法をぜひ実践してみてください!